スタッフブログ フクブクロ


2012年12月22日

福井の殿様の60才にて書いた涙なみだの恋文。

ただ今、福井市郷土歴史博物館では、1月27日まで、福井藩主の松平家の館蔵品の常設展がひらかれています。

でその中には、幕末の藩主松平春嶽公の60才にかいた書簡が展示されています。

その年亡くなった正妻の肖像画を描いた人への礼状です。

「繪、誠ニ以見事ニ出来、、、、、、、、、、、、、感泣不斜、、、」(まるで生きているような出来で、感激のあまり泣いてしまうようだ)とか、「永世保存シ、勇子ニ毎々面接スルハ、足下之厚恵トイフヘシ。」(永くこの肖像画を保存し、たびたびそのすがたを目にすることができるのは、真の恵みといえる)といった風で、まあまあ、とても60才のお殿様がかいたものとは、、、。でも花押(サイン)がおしてあり、筆の扱いが続いているので、ご本人さまが書いています。

さて、その勇姫は、熊本藩細川家から16才でお輿入れなさり21才で娘を生み、6才で亡くされ以後お子様はおられなかった方なのですが、その礼状の年に54才でなくなっています。

が、その多分54才の勇子像は、目はおちこんでいて痩せておられて受け口で、現代でいえば、おそれながら80才にみえないこともない、どうみても美女にはみえない肖像画なのです。

江戸時代の浮世絵の基準でいっても、うーん、、、。

上の写真は福井市歴史博物館横の春嶽公の像です。、武将というよりはお公家顔のわが福井藩の藩主は、この妻の肖像画で涙がでそうになったと書いたり、「永世保存シ、、、、、、、厚恵トイフヘシ」と礼状にかいたんですねえ。

春嶽公はそれから3年後、63才で亡くなられました。

福井藩の裏歴史(?)ご紹介させていただきました。

 




PAGE TOP