スタッフブログ フクブクロ


2012年11月13日

33年に1度のみの秘仏が今、公開されています。次は2045年。

今、福井市の福井県立歴史博物館で11月25日まで、泰澄大師ゆかりの神仏が公開されています。

特にこの写真の真ん中の正観音菩薩立像は、朝日観音福通寺の秘仏で33年に1度しか御開帳されない仏さまです。

「泰澄大師て、そもそも誰?」ーですか?

はい。
600年台末期に今の福井市に生まれ、700年台に活躍されたお坊さんです。
日本3霊山のひとつ白山で神様に出会われ、つぎつぎお寺をつくられていった白山信仰の祖というべきお方です。

いやー、なんか不思議な迫力のある仏さまの数々でした!
とくに原型をかろうじてとどめている少し焼けこげている木の塊のような仏さまは、ちょっと恐いぐらいでしたよー。(罰あたりな事かいていますね。お許しを。)

もしご興味がわいてこられたら是非福井にお立ち寄りください。

なんといっても、次にこの写真の真ん中の仏さまに直接お会いできるのは2045年なのですから。

 




PAGE TOP