スタッフブログ フクブクロ


2012年10月20日

武生打ち刃物はニューヨーク近代美術館永久展示品。鍛造ナイフ教室あり!

福井県越前市の武生打ち刃物。

これはその中でもニューヨーク近代美術館永久展示品になっているものです。
なんせ700年の歴史と伝統の技。火をいれた鋼を1本1本打ちつけるのです。

で、おススメはタケフナイフビレッジ。

当然見学もできますが、なんといっても体験作成教室があります。

予約は3日前までのようですが、メタルキーホルダー作り40分600円、ペーパーナイフ作りだと1時間半800円(小学4年生以上)、小刀作りは4時間で5000円(18才以上)、刃物の研ぎ方コースとか(あっ、これ福刀自いきたいなあ)、1泊2日の超本格的コース(年1回のみ、こりゃ相当ですね)等、まだまだいろいろなコースがあるようです。

「このナイフ、自分で鋼打ちして作ったんだけどねー。ハハハ、ま、江戸時代と作り方、基本的に同じでさー」とご自慢なされてみませんか?

どれどれと思われた方はこれでお確かめを。⇒http://www.takefu-knifevillage.jp/ 

 



 




PAGE TOP