スタッフブログ フクブクロ


2012年09月06日

福井の歴史から封印された、将軍家より葵紋の使用を許された越前刀工と刀鍛冶集団の歴史。

今回の写真とお話は、全て福井市の勝山剣光堂の刀剣鑑定士勝山智充さまからのものです。(を、福刀自なりに理解)

では。
江戸時代福井は、南西は京都、北は加賀の前田家という訳で、北陸道の軍事的政治的「関所」の役割をになう大事な場所だったのです。
そのため徳川家康の息子結城秀康は、福居城下にどんどん鍛冶職人や治水工事専門集団を各国から集めました。
そんな中でも、士農工商の身分制度の中においても、刀匠は、苗字・禄高・人扶養扶持を与えられるまでに。

天皇筋にちかい山城国の堀川門下で菊紋を許された刀工と、将軍家より葵の紋の使用を許された刀工がどちらもいるのは越前福井だけだったそうです。

が、江戸初期から末期まで分かっているだけでも600人いた越前刀鍛冶集団は表舞台にでる事は一切なく研究材料としての文献は皆無に等しく、かなりのセキュリティーで秘められていた事が推定されます。

今でも福井県外から名刀を求めてこられる方がおられる程ながら、何故か福井の人にはほとんど知られていないとの事。

 いやー、福刀自も全く知りませんでした!学校の郷土の歴史からも消されている歴史、のようです。そういう意味ではセキュリティーは違う意味で今も守られているのかも。(これが和紙や漆だったら違ったのでしょうが。)正確なこと詳しい事は美術刀剣を取り扱う勝山剣光堂さんのネットでお調べくださいませ。(福刀自は付け刃ですので。) では、また。

                     




PAGE TOP