スタッフブログ フクブクロ


2012年08月31日

仏教王国福井の風習のご紹介

この猫は、福井駅前のカバン屋さんの箱入り猫です。珍しくお店の中から外をうかがっていたいたので、パチリ。

では、本題です。福井は(全くの福刀自の独断ですが)仏教がさかんな土地柄だと思います。

1度お亡くなりになった家族のいるお家では25年間、月々にお寺さん(といいます)にお経あげに来ていただくのは、決して珍しい事ではありません。(さすがに、そういうお家は減っているようですが。)

その他に、お盆や「ほんこさん」(報恩講の事でしょう)や法事ありで(50回忌するお家も)、福井県生まれのはずの福刀自も、始めなにも知らなくてびっくりでした。(北陸の方は、それがどうしたの?当たり前じゃないの、と思われるかもしれませんが。)

福刀自の若かりし頃、藩主松平忠直卿の法事に福井の地に各地の「松平さま」がいらしたと聞いた事があります。
だーっ、忠直卿って徳川家康の孫で江戸時代初期の方ですよー。いったい何回忌だったのでしょう。すごいわあー。
 



 




PAGE TOP