スタッフブログ フクブクロ


2012年06月23日

安政の大獄の時、橋本左内は26才。

江戸末期、福井藩主松平春嶽(しゅんがく)公の命で京都で活動していた橋本左内(さない)という福井藩士をご存じでしょうか。大変秀才の誉高かった人で、ちなみに明治時代、左内の弟は陸軍軍医総監になっています。

安政の大獄で26才で命を落としました。

福刀自は福井郷土歴史博物館で、囚われた彼の実母への手紙を見たことがあります。
差し入れの衣や食べ物の数々へのひとつひとつへのお礼と、体をくれぐれも気を付けて下さいという、こまごまとした愛情のこもった文章で、読んでいて福刀自は涙がでそうになりました。

処刑される時、彼ははらはらと涙を流したと伝わっています。
毅然として雄々しいのも立派かもしれませんが、この自然の情を示した26才の青年にこそ、心動かされずにはいられません。

福井市では、市民によって今も左内を悼む式を毎年執り行っています。


 



 



 



 




PAGE TOP