スタッフブログ フクブクロ


2012年05月19日

越前塗の漆の器はモノが違います。駅前ならここ。

越前漆器の起源は1500年前とか。
さて、現代の越前漆器の良さは、食卓でつかわれてこそと福刀自は思います。

おもいっきりシンプルな、でも木製ならばこその丸みや厚みある持って軽い手に優しい器を、福刀自は素人ながらおススメします。
普段に使うとその良さは日常を心地よいものにしてくれる手助けになる、というのが福刀自の実感です。

JR福井駅を降りてホンモノを買うならここが一番だと思います。
駅から徒歩1分内の、うるしギャラリー久右衛門さんをご紹介致しますね。⇒http://www.9emon.co.jp/ 

福刀自がここで買ってすっごく気に入っている日常遣いの漆の器は1500円です。都会で買うような観賞用・料亭用じゃない品は、決して特別高くはありませんよ。(少なくとも福井県で買う分には。)


 




PAGE TOP