スタッフブログ フクブクロ


2012年04月19日

一乗谷朝倉氏遺跡の桜には織田に滅ばされた儚さが漂います。

はかなく散っていく桜を、楽しみませんか?
この写真は一乗谷朝倉氏遺跡の唐門の桜です。

一乗谷朝倉氏遺跡は、織田信長に滅ぼされてからずっと静かにこの地に眠っておりました。

ターミナルホテルフクイの福刀自が若い頃はその辺の(「この辺が逃げてきた足利将軍を花見で歓迎した名刹跡地のはず」とか言って)地面を掘ってると、その戦国時代の茶碗の破片がでてきましたねえ。(もう時効という事で、お許しを。だって当時全く柵も看板もなく草茫々だったんですから)

今でも、この地には何とも言えない清浄な気が流れている感があります。
「何も無い」一乗谷朝倉氏遺跡に是非おいでくださいませ。
一乗谷朝倉氏遺跡についてはこれが分かりやすいです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%B9%97%E8%B0%B7%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%B0%8F%E9%81%BA%E8%B7%A1

当ホテルでは大変便利なふくい春まつりプランもございます。
よろしかったら、どうかそちらもご覧ください。http://terminalhotel-fukui.co.jp/plan_priviledge/entry-127.html 

 


 


 




PAGE TOP