スタッフブログ フクブクロ


2012年04月22日

福井県に観光でしたらまずは永平寺かと思います。

ゴールデンウイークがいよいよ間近かになってきましたね!

さて、福井県の代表的な見るべき所のひとつ、永平寺をご紹介いたします。
永平寺は曹洞宗の開祖道元禅師(どうげんぜんじ、です。以前どうもとぜんじ、と呼ばれていた方がおられましたので蛇足ながら、、)の開かれた大本山です。

750年の歴史を持つ名刹ですが、あくまで厳しい修行の場であり続けています。お寺の内を歩いていると、若き僧たちが、こちらをみないようにして足早に去っていきます。雲水(うんすい)といわれるお坊さんたちです。当然シャープな風体で、手を黒い袈裟に隠して裾を風にたなびかせながら動いておられます。

福刀自が子供の頃は、永平寺には厳しい修行で若死したお坊さんたちの墓がたくさんあるといわれましたが、本当かどうか知りませんし、さすがにどちらにせよ今はそんなことはないでしょう。

 わがターミナルホテルフクイから30秒のところから直通のバスがでています。30分で山門前に着いちゃいます。

おお、もうひとつ!行かれたら周辺で絶対おそばも食べてきてくださいね。ホントおいしいです!
 



 


2012年04月20日

福井の駅弁ご紹介【その3】は焼き鯖寿司です。

福井の、福井らしい、福井人(福刀自一人でございます)が選んだJR福井駅で簡単に購入できる、(当然ながら)おいしい駅弁【その3】です。

筆頭は番匠さんの「えちぜんかに飯」でした。
次は塩壮さんの「鯛ずし」。
今回は「焼き鯖ずし」です。

ここではたと、困ったのです。かに飯弁や鯛ずし弁は、作られているところが1社のみ、「〇〇ならどこのか決まっている」状態なのですが、「焼き鯖ずし」は福井駅構内だけでも数社がだしているのです。空便に選ばれたトコがあり「元祖」があり、、、
えーい、ターミナルホテルフクイの福刀自、食べ比べて独断で一品選ばさせていただきました!(むろん、私個人の好みによりますので。はい。)写真はJR福井駅のプリズムというショッピングエリア内の越前田村屋さんの店頭で売っている「焼き鯖寿司」弁当です。




 


2012年04月19日

一乗谷朝倉氏遺跡の桜には織田に滅ばされた儚さが漂います。

はかなく散っていく桜を、楽しみませんか?
この写真は一乗谷朝倉氏遺跡の唐門の桜です。

一乗谷朝倉氏遺跡は、織田信長に滅ぼされてからずっと静かにこの地に眠っておりました。

ターミナルホテルフクイの福刀自が若い頃はその辺の(「この辺が逃げてきた足利将軍を花見で歓迎した名刹跡地のはず」とか言って)地面を掘ってると、その戦国時代の茶碗の破片がでてきましたねえ。(もう時効という事で、お許しを。だって当時全く柵も看板もなく草茫々だったんですから)

今でも、この地には何とも言えない清浄な気が流れている感があります。
「何も無い」一乗谷朝倉氏遺跡に是非おいでくださいませ。
一乗谷朝倉氏遺跡についてはこれが分かりやすいです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%B9%97%E8%B0%B7%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%B0%8F%E9%81%BA%E8%B7%A1

当ホテルでは大変便利なふくい春まつりプランもございます。
よろしかったら、どうかそちらもご覧ください。http://terminalhotel-fukui.co.jp/plan_priviledge/entry-127.html 

 


 


 


2012年04月18日

ホテルで結構お客さまに好評な、ご本貸出をしております。

ただ今、ターミナルホテルフクイのロビーの奥に図書コーナーを設けております。

単行本・文庫本・新書版・マンガ等が350冊以上並べてあります。(本棚に入りきらなくなって少ししまってあります)
内容は、小説・評論・エッセイ・ハウツー物・写真集等、等です。(あっ、それと福井の歴史ものや郷土史とかも)

お客さまにご自由にお部屋にお持ちいただいております。

じゃ減ってくだろうって?いーえ、それどころか逆に増えていっております!
不用になったご本を置いて行かれるお客さまも、ありがたい事におられるので。

人気があるとおぼしきは、漫画では、島耕作シリーズとか、「深夜食堂」とか、「日本人の知らない日本語」とかでしょうか。

私、福刀自がおもしろかったのは、「とろける鉄工所」という漫画か(これホント感心しました!)、一乗谷朝倉氏遺跡の写真集か、ミステリー物か、時代小説です。最近ではこの本棚から「夜中にラーメンを食べても太らない技術」というのを借りました。(汗)

 



 


2012年04月18日

福井の銘菓ご紹介【その4】は「羽二重もち」です。

福井の銘菓のご紹介は、今回「羽二重もち」です。

本当は一番にご紹介すべきお菓子だったかもしれません。(福井人にとって、あまりに昔っからある銘菓なのです。)

福井県外からのお客さまには、とても好評なお菓子ですよ。
どこのお店でも電車の中でも扱っている銘菓ですが、やはり老舗の羽二重もちが甘さが控えめで上品だと、ターミナルホテルフクイの福刀自は思います。

ですので一例として、JR福井駅構内のプリズムというショッピングエリアに出店している錦梅堂さん(操業 弘化4年)の羽二重もちをご紹介いたします。
羽二重もち?錦梅堂?と思われた方は⇒http://item.rakuten.co.jp/shop291/10000099/ 


全313件中、241 ~ 245件目を表示   46, 47, 48, 49, 50, 51, 52, ... 63

≪前の5件 次の5件≫



PAGE TOP