スタッフブログ フクブクロ


2012年09月18日

車イスの場合の観光タクシーなら、これをおススメ!

この写真は、当ホテルのバリアフリーのお部屋です。
当然、お風呂やトイレもそのように設備されております。

福刀自も、このお部屋のお客さまに、ベットから車イスに移動するのを手伝ってさしあげた事があります。
(福刀自は新人の頃だったので、ちょっとどきどきしたのを思い出します。)
フロントスタッフでは他に、お風呂の温度を確かめてさしあげた者も。 

車イスのお客さま以外でも「膝が曲がりにくいから、この部屋が1番楽だ。」とおっしゃるお客さまもおられました。

どうぞ、いつでも、お手伝いできる事があったら、おっしゃってくださいませね!

さて、表題の観光タクシーの話にもどります。
車イスの場合、福井交通株式会社さんのプチ観光タクシープランというのが、福刀自はおススメです。
小型タクシーも車イス用タクシーもあり、予約で当ホテルまで迎えにきてくれます。
2時間コースと3時間コースがあり、お値段もリーズナブルだと思います。
確かな事は、これでお確かめくださいませ。⇒http://www.fukui-kotsu.jp/taxi/kankoutaxi.html

いろいろな形で旅を楽しんでいただけたらと思い、ご紹介させていただきました~。
 


 


2012年09月10日

市価の4割引き程!のちゃんとした観光タクシーをご紹介

福井を訪れられ、ふっと1・2時間福井駅周辺で時間が余った時、どう過ごされますか?

当ホテルでは、ゆっくり福井駅周辺を散策する観光マップもそろえておりますし、自転車も無料でお貸ししております。

が、「限られた時間内で、もっとさくさく観光地を廻りたい」「ほどほどの人数できてるので、楽に観光地を楽しみたい」「体力が不安なので交通機関だと疲れる」という方々には、福刀自、おススメのプランがあります。

それは、福井交通(株)さんが(社)福井県観光連盟とタイアップして始めている「越前周遊観光タクシープラン」です。

例えば、ホテル前まで迎えにきてくれて2時間で一乗谷朝倉氏遺跡と養浩館をまわって小型タクシー1台で6300円です。他にも2、5時間コースから4時間コース迄あります。
時間を使いバスや電車と足でまわる方が当然お安いですが、上記の条件の場合は絶対これは値段的にも相当お得です。福井県の観光おもてなし認定ドライバーがきてくれますし。

写真は3時間コースにはいっている日本最古の天守閣をもつ丸岡城です。

 くわしくはこれで⇒http://www.fuku-e.com/fukuitu/download/pdf/146_147p.pdf

 お問い合わせは福井県観光連盟(0776-23-3789)か福井交通さんへどうぞ。


2012年08月29日

福井駅より徒歩5分の柴田神社には、戦国時代のお城の石垣跡があり!

この像は柴田勝家公とその奥方お市の方を祀っている柴田神社の、柴田勝家公の像です。

ここ福井の北庄(きたのしょう)城で羽柴秀吉に敗れました。

言い伝えでこのJR福井駅から徒歩5分のこの柴田神社に、そのお城があったとされていましたが、発掘し、それが証明された訳です。

という事で、この柴田神社には、地面を掘って出てきた戦国時代の石垣や堀跡が、発掘のそのままの形で一部残っています。

当時の宣教師の記述では、随分素晴らしいお城が建っていたそうですが、、。

なにやら難しいお顔のこの像、福井市民の福刀自としては、いろいろ想像し、しんみりしてしまいます。

柴田神社についてはこれでお確かめを。⇒http://www.sibatajinja.jp/gosaishin_history.html 



 


2012年08月27日

福井のミステリーゾーンその2は三国の雄島でしょう!

先日、「福井のミステリーゾーンとしての足羽山」をご紹介いたしましたが、その2、いきます。

当館より車で1時間20分ほどの、坂井市三国町の雄島(おしま)のご紹介です。もとは離島でしたが、今は橋がかかっていて誰でもとことこ歩いて入れます。
 去年、サライという雑誌でも、日本の森の底力という特集で、大きく取り上げられていました。

もともと「神の島」ともいわれていたそうで、なにやら独特の雰囲気の漂う島です。

時々島の中にカメラマンらしき方々や海に潜る恰好の方がおられます。
が、ご注意して欲しいのは、御一人では入らない事、夜は絶対入らない事です。

福刀自は田舎に育ち、自然の怖さは多少感じて育ってきました。自然は決して人間だけのものではありません。
福刀自の大好きな島ですが、そのへんは用心深く、ですよ~。
 



 



 


2012年08月25日

鉄きちのみなさま、越美北線いい感じですよ~。

JR福井駅からの越美北線は、九頭竜線ともよばれていて、終点は「九頭竜湖」です。

写真の通り1~2車両のこじんまりした電車です。

観光としては、「一乗谷」駅(ここはびっくりするぐらいちっちゃいホームです)で、朝倉氏遺跡を半日から1日かけてごらんになるか、「越前大野」駅で北陸の小京都といわれる大野の城下町を1日歩かれるか、終点の「九頭竜湖」で自然の素晴らしさを満喫されるか、です。

ご注意すべきは、福井駅のホームの端の端からでていますので、ホームで待っていても列車に気が付かない事がままあるという事です。
ええ、ええ、「ホームで待っていて列車に気が付かない事なんてあるの?」とお思いでしょう。でも、どうぞご注意くださいませ。福刀自も乗り損ねそうになった事ありです。

あと、大体1時間に1本ぐらいしか出てないので、JR福井駅改札口の近くにある福井市観光案内所で時刻表をいただいて行かれた方が安心です。

それどころか、終点「九頭竜湖」からは4時間に1本(!)しかでていませんから、どうぞくれぐれもご注意ください。
九頭竜湖、紅葉の頃はたいそう人気です。




 



 


全50件中、16 ~ 20件目を表示   1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, ... 10

≪前の5件 次の5件≫



PAGE TOP