スタッフブログ フクブクロ


2012年05月15日

19年間修行中の雲水さんの写真展が開かれています。

今、福井市内のギャラリーサライで、曹洞宗総本山永平寺で19年間(!)修行を続けている雲水さんの、永平寺の写真展が開かれています。(なんでも永平寺の広報の写真担当でもおられるとか)

中におられるからこその、雲水さんたちの修行風景、永平寺の夜明けの灯り、、、本当に素晴らしい!

しかし今時、大雪の中でも素足(!)で修行される若い雲水さんたちがおられるとは!
(耐えられなくて脱走される方もおられるとか?そっちは福刀自、素直に納得、、、、、)

5/31まで展示されています。おススメします!(ここのくるみタルトもおススメ。喫茶店兼ねてます。)

 サライって?と思われた方はどうぞ⇒http://sarai.2ndgate.jp/ 

 



 


2012年05月10日

400年続いている一子相伝の滋養酒が、一乗谷にはあります!

ランジャ酒というのをご存じでしょうか。
福井市一乗谷で一家のみで400年以上作られている滋養酒です。
一子相伝なので、このお家に生まれてきたら大変です。(よくぞ滅びずここまで続いている事!)

昔は地元でも手に入れにくかったようですが、現在は一乗谷朝倉氏遺跡の売店かJR福井駅構内の地酒コーナーで、ある時はあります。(無い時は無い、、、、)
この写真で720mlでアルコール度は15度、お値段は2625円です。という訳で決して高いという程では無いのですが。
半分の大きさのものもあります。(ある時はあり、無い時は、、、、、以下同文です)

お味は、、、お試しください。おいしいといってもいいと思います。

そもそもランジャ酒って?と思われた方はこちらでお確かめくださいませ。⇒http://www.ranjyado.com/  ででで

 


 


2012年05月05日

今、福井県立美術館でゴーギャンやピカソ等の絵が83点展覧中。

もうそろそろ連休も終わりですね。さて皆様どのようにお過ごしでしょうか。 

家族旅行の方、一人旅のかた、お友達同士の方、帰省でいなかに帰り骨休めなさった方、etc.十人十色ですね。
あと、連休中お仕事がんばっておられる方も当然多いでしょうね。
うちのホテルのスタッフも1人今日夕方「さあ、明日から私の連休です!」と言って帰っていきました。

さて福井県立美術館で今、ストラスブール美術館展が開かれています。
ゴーギャン、ピカソ、マリー・ローランサンといった画家の絵が83点、です。

これだけのものが福井では混まずに鑑賞できちゃいます。(もっと皆様いらっしゃればいいのにー)
5/20まで開かれておりますよー。
どれどれと思われた方は⇒http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html 
 


2012年04月15日

ゴーギャン・ピカソ・ローランサン等の絵の美術館展が開かれます。

福井県立美術館にて4月20日(金)~5月20日(日)まで、フランス北東部のストラスブール美術館展が開かれます。シスレー、ゴーギャン、ボナール、ローランサン、マグリット、ピカソ他、83点の作品がひろげられます。(この写真はロセッティの【解放の剣にキスをするジャンヌ・ダルク】です。)

この美術館は、パリ以外ではフランス最大の近・現代美術館、だそうです。

ああ、福井県でもそんな美術の教科書に載ってた絵画が直接観れるんだ!と、ターミナルホテルフクイの福刀自は今から感激です。

あと、確か福井県立美術館は横山大観や菱田春草の作品も持っているのに、なかなか展示しないんですよ!出し惜しみしないで、いつでも観れるようにして欲しいものです。素晴らしいものは、飽きたりしないと思います。ここぞの時だけでなく、ふっと観たくなった時、常時観れたらいいのにな。(あっ、でもそうしてると傷んじゃうのかしらん)

どうぞ、ふらっと絵を観に福井市の美術館にいらっしゃいませんか?その値打ち大いにありそうです!
福井県立美術館はhttp://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html 
 



 



 


2012年03月18日

ティファニーにつながる岡島コレクション展3月25日迄、素晴らしいです!

こんにちは、福井駅前ターミナルホテルフクイの福刀自です。

今、福井県立美術館で、岡島コレクション展を3月25日まで開催しています。

岡島辰五郎氏は東京美術学校鋳金科を出て渡米、ティファニーの工場に勤め、その後ニューヨークで「日本美術商会」を開業した人です。

かなり前、婦人雑誌でティファニーの装飾品が載っていたのですが、岡島美術館でみたものとそっくりに思えて、びっくりした事があります。ジャポニズムの流れでしょうか、ティファニー用だった岡島氏のデザイン図が1枚あるそうですから、その伝統がまだ残っていたという訳でしょうか、、

ともあれ、本当に素晴らしかった!
写真が禁止だったのが残念です。数点コピーして誰かにつくって欲しいぐらいでした!(言うだけです。お金ありません、、)

直接みられないと、この美しいものを見る喜びは味わえないです。福刀自もう1度行くつもりです~。

おススメいたします。
 



 


 


全79件中、66 ~ 70件目を表示   11, 12, 13, 14, 15, 16,

≪前の5件 次の5件≫



PAGE TOP