スタッフブログ フクブクロ


2012年07月16日

「妻が亡くなって旅をしても、、、、」3年前のお客様とのお話。

もう3年前のお話です。
閉店まぎわの1階レストラン桜木で、お客さまは御一人でした。

なんとなくお客さまとお話が始まりました。

「、、、、まあ、日本中ご旅行ですね。うらやましいです。」(私こと福刀自)
「いや妻が亡くなってから、自分でも楽しいのかどうか分からなくなったよ。」(お客さま)
「、、、、、、、、、、、、、、、」(福刀自)
「どうして私は旅を続けているんだろうねえ。」(お客さま)

お顔もお名前も覚えていないのですが、後ろ姿だけ忘れられません。思わず涙がでてきてしまった福刀自に(福刀自も若かった~)何も言わず後ろ姿のまま、片手をあげてバイバイという風に振って去っていかれました。(ちょっときざでかわいい感じが。ごめんなさい!)
まだ、あのお客さま、旅を続けられてるでしょうか、、、。

写真は福井で1番建物をやさしく撮るといわれてるカメラマン田鳥直樹さんの撮った、当館の夜のお部屋風景です。急にふと何故か思い出してしまいました、、、、、、。


2012年07月11日

お堀の主見ると縁起いい?

この写真は、福井城址を囲む内堀、通称お堀で以前福刀自が見つけ急いで撮った大鯉です。

いや本当にでっかくてびっくりしました。
この写真を撮った日は初夏で、今まで一度もみたことがなかった蛇が日向ぼっこしてたりして、お堀周辺はなにやらいつもと違いました。で、この鯉、です。

以前お堀にかける橋の建て替えで、水をぬいたところ、巨大な鯉が見つかり、「これはお堀の主かも」という事で丁重に丁重に扱い、橋完成後、お堀に戻した、と福井新聞で読んだことがあります。

その鯉でしょうか?

その後、お堀周辺をいくら散歩しても、一向に出会いません、、。(その鯉をお堀に放した工事会社は今、とても業績が良いそうですよ。)

 


2012年07月11日

不思議な骨董屋さん発見!

当ホテルから、ゆっくり歩いて10分ほどの、不思議というか楽しい骨董屋さんをご紹介します。

sorara galleryというお店です。

写真でみての通り、本当の骨董品から、昔日本が外国に輸出してた品や、昔のがらくた然としたものまで所狭しと並んでいます。とにかく入ってみるだけでも、すごく楽しいお店です。京都のちょっと裏に入ったところに時々あるお店の感じといいますか。

以前この店に谷崎潤一郎の源氏物語の透かし模様の和紙の全集がでた事があるのですが、すぐ売れたのは当然として、後で値段を聞いた他の方が「安すぎる!あんまりや。」と言っておられたことも。


soraraさんのサイトが又おもしろいです!興味のある方はこれをどうぞ⇒http://linkul.net/sorara/ 
 



 



 


2012年07月08日

うちのホテルのネギっ子とスタッフご紹介~

当ホテルの隠れたマスコットは、玄関エントランスの、ウエルカムの札の付いた置物です。

丁度、今晩のスタッフが手を伸ばしているのが、そうです。

以前はネギ坊主と名づけていたのですが、若い女性のスタッフが真面目な顔で(!)「女の子だったらかわいそうです」というのでネギっ子という事に、、、、。

 しかし、U君何してるわけ??

(見なかったフリして帰ります。)

おやすみ、U君とネギっ子。又、明日。


 


2012年07月06日

福井駅前の夜景のおススメ

 


この写真は、つい最近の福井城址の夜景です。

福井市民に「お堀」と呼ばれている、江戸時代福井城の内掘沿いを撮りました。

ここからお廊下橋という小さな橋を渡り、城址に登るとそこにはやはり江戸時代からの大きな井戸がどーんと(未だに)有るのです。(このシーズンはそこまではライトアップをしていないので、肝試しする気のない福刀自は、夜は絶対行きません~。)

なお、このお堀の中には福井城ならぬ福井県庁が。(笑)

JR福井駅から徒歩5分程で広がる地方都市福井のこの風景、ぜひぜひ福井県外の方にも味わっていただけたらなあと、福刀自は思います、、、、。

 



 


全117件中、46 ~ 50件目を表示   7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, ... 24

≪前の5件 次の5件≫



PAGE TOP